ディズニーで目にしたコロナの対策方法

こんにちは、しゃんです✨

今日はディズニーシーに行ってきました!!

世間はコロナで緊急事態宣言が延長されるかもというところらしいですが、ディズニーでクラスターが発生した、とは聞いたことがないですよね?

長いと3時間もの間狭い空間で大勢の人が列を成しているディズニーでなぜクラスターが起きていないのか。

実際に行った私達の感想とともに語っていこうと思います!

開園前に着いた時から

私達は珍しく早起きして開園の2時間ほど前にディズニーシーに到着しました!

その時すでに数十名の先客達が並んでいたのですが、足元に3メートルくらいの間隔で貼られたテープ…その上に皆さん並んでいました。

これがソーシャルディスタンス…

ディズニーでは、その他の待機列全て目に見える形で他の人とどれだけ離れればいいのかわかるように工夫がされていました。

それに加えて開園の30分前になっても人が少ない…

チケットを予約制にして入場制限をしているのは分かっていたのですが、まさかこれほどの狭き門だったとは…

その入場者の少なさは他でも驚くほどに体感させられることとなります。

あの人気アトラクションが待ち時間なしで?

私達が開園して真っ先に向かったのがタワー・オブ・テラー。

エレベーターが呪いにより自由落下するアトラクションです。フリホールをマイルドにした感じです!

普段なら2時間待ちは当たり前、長い時で3時間待たされることも珍しくありません。そんな超がつくほどの人気アトラクションが、まさかの待ち時間0!

開園後走ったわけでもなく、加えて自分の列の前の人が入場に手間取って遅めのスタートとなったのですがそれでも待ち時間はありませんでした。その時は

「まぁ最初だし、こんなものか」

くらいにしか思ってなかったですが異変はその時から始まっていたのです。

アプリに並ぶ5分待ちの表示たち

その後はタワー・オブ・テラーに向かいながら手に入れたソアリンのスタンバイパスを使いにソアリンへ。

そこでは20分くらい待ったかな?それでも「早いね」と言っていましたね(笑)今考えてみればこの時の待ち時間が最も長かったと思います。

ソアリンで空の旅をし終わって待機列の偏りも無くなった頃だろうと思い、アプリでパーク内のアトラクションの待ち時間を見たところ目にしたのは5分待ちの表示達…

ここで私達は人の少なさに再び驚いたのでした。

入場制限でここまで少なくしたのか…それともチケットを取れた人が自粛して来なかったからなのか…もしくはその両方か…

くるくると回るように同じアトラクションを回り続け、ガラガラのレストランで食事をして、他人が映り込まない写真を撮れて、3回入園したかのような質量を1回にまとめたような経験でした。

ディズニーで行われているコロナ対策

ディズニーはいわゆる“密”にならない様に以下の対策がなされていました。

  • 待機列には適度な間隔に貼られたテープにより距離を空けさせる
  • 口頭でもテープ毎に並ぶ様に声をかけ続けていた
  • 入場者数を減らしそもそもの人数を減らしていた
  • 乗り物に空席を設ける

その他にはゲストが横並びになるところにはアクリル板を設置していたり、キャラクターと触れ合う場合も直接触れ合うのではなく手を振ったり仕草で触れ合ったり、至る所に消毒液を設置したりなど、挙げ出したらキリがないほどに対策されていました。

最後に

この様に感染対策がしっかりとされていることにより私達もディズニーを安全に楽しめたのではないかなと思います。

行列がないディズニーはあまりにも異様な光景でした!種のないスイカの様な?それとも玉ねぎのない牛丼の様な?伝わりにくいかもしれませんが、待ち時間が無いのは一概に良いこととはいえない様な気もします…

今日は時間がないのでまた後日、2人がどんな行動を取ったかなど詳しく話せたらなと思います。

(追記)その記事がこちら↓

それでは!アディオース!!👋🏾

コメント

タイトルとURLをコピーしました